魔女狩りで行われていたこととは

中世における魔女狩りの背景とは

なぜ魔女狩りが行われたのか

フィクションの世界で、魔女が取り上げられることが多いです。
しかし中世では、本当に魔女が存在すると思われていました。
伝染病や、天候不順などはすべて魔女が原因だと考える人が多かったと言われます。
そのため、魔女狩りが行われていました。
疑いを持たれた人はすぐに処刑されました。
有名なのが、火あぶりの刑です。
中世の魔女狩りでは、噂されたレベルで詳しく調べることもせず、誰でも処刑されてしまいました。

魔女といっても、女性だけが処刑されたわけではありません。
中には性別が男性でも疑われれば対象となります。
年齢も、とくに関係なかったといわれます。
処刑されたほとんどの人は、イメージ通り高齢の女性が多く見られました。
特に1人暮らしの高齢者が、ターゲットにされました。
しかし中には若い女性や、幼い子の姿もありました。
今では信じられないことですが、何万人もの人が魔女狩りで命を奪われています。

魔女の疑いがあれば、すぐ身柄を確保します。
処刑する前に、激しい取り調べを受けます。
すぐに処刑することは、さすがに法律などの問題でできませんでした。
ですから取り調べをして、自分が魔女だと自白した人が処刑される仕組みになっています。
身柄を確保された人は、最初は魔女ではないと言います。
しかし厳しい拷問を受けたり、認めれば身柄を解放すると言われて自分は魔女だと嘘の自白をします。
自白しても本当に身柄を解放されることはなく、残念ですが処刑されます。

魔女を処刑していた時代

なぜ魔女狩りが、大々的に流行ったのでしょうか。 その原因は、伝染病や天候不順が多かったことです。 この世の悪いことは、全て魔女が操作していると言われました。 また当時の中世は、キリスト教が信仰されていました。 ですから悪魔と契約する魔女は、キリスト教の敵だと考えられていたからです。

魔女と呼ばれた人たち

どんな人が処刑されたのか、具体的に調べていきましょう。 魔女という名前なので、女性だと思う人がいるでしょう。 ですが、中には男性もいたと言われます。 若い人や子供も、魔女狩りの対象になりました。 性別に関係なく魔法を使った、悪魔と契約したと噂される人が処刑されました。

どのような流れで処刑されたのか

身柄を確保しても、すぐに処刑することはできません。 本人が魔女だと認めない限り、処刑できない決まりになっています。 ですから認めるまで、厳しい拷問が何時間も続けられました。 1回魔女だと疑われて身柄を確保されたら、もう生きて帰されることはありません。

Page Top