魔女を処刑していた時代

悪いことを魔女のせいにする

当時の中生はまだ医学が発達しておらず、病気になるとそのままなくなってしまう人が多かったと言われまず。
伝染病の治療方法も見つかっていないので、様々な病気が流行していました。
その結果、伝染病を流行らせているのは魔女だという考えが民衆の間に広まりました。
このままではいつまで経っても伝染病がなくならないので、魔女を見つけて処刑するようになりました。

これが魔女狩りの始まりです。
伝染病以外に、天候不良で作物を収穫できない時も、魔女が悪いと言われました。
この世の悪いことは、全て魔女が悪いと決めつける時代になっていました。
おかげで民衆は魔女狩りに精を出す一方で、自分が疑われたら大変だと怯えながら生活を送っていました。

キリスト教の敵という考え方

当時魔女狩りが流行ったのは、キリスト教が民衆の間で信仰されていたからだと言われます。
魔法を使うためには、悪魔と契約をしなければいけません。
キリスト教を信じる人に取って、悪魔は大敵です。
その悪魔を進行している魔女も敵と言っても、過言ではないでしょう。
ですからキリスト教の信仰が進むにつれ、魔女狩りもヒートアップしていきました。

キリスト教を信じる人は、魔女狩りは正義だと疑っていませんでした、
自分たちのしていることは正義なので、魔女狩りをするので当然のことだと認識している人が多かったと言われます。
魔女狩りのために、様々な処刑方法が生み出されました。
火あぶりの刑は有名で、多くの人が知っている処刑方法だと思います。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top