どのような流れで処刑されたのか

処刑するには自白が必要

仲間の魔女の情報を聞き出すために拷問をしますが、自白をさせる意味でも行われていました。
そもそも間魔女狩りでは、本人が魔女だと認めない限り処刑できません。
認めるまで、何時間も拷問が続きます。
拷問が厳しすぎて、命を落とす人も見られました。
許されることではありませんが、相手が魔女なので拷問した側が大きな罰を受けることはありません。

拷問を受ければ肉体だけでなく、次第に精神もすり減ってしまいます。
ですから嘘でも自白をした方が、楽になれると考える人が多かったです。
しかし嘘の自白をしても、処刑されるだけです。
魔女狩りでターゲットにされた人は、拷問で死ぬか処刑で死ぬかの2択だったと言われます。
そんなことが長い間続いていました。

魔女狩りの終止

取り調べを受けている時に、自白すれば許してやると言われた人も数名います。
厳しい拷問が続く中、そのような言葉を聞くとつい自白をしてしまう人が多いでしょう。
しかし、実際に解放されることはありません。
嘘の自白でも、自分は魔女だと認めたと判断されて処刑されてしまいます。
魔女狩りは、17世紀頃まで活発に続けられていました。

しかしその頃になると、魔女狩りは正義ではないと目覚める人が現れます。
魔女狩りをやめるように訴える人も続出して、次第に行われなくなっていきます。
しかしそのような魔女狩り反対運動を行っても、完全に事態が収まるまでは時間が掛かります。
結局完全に魔女狩りが行われなくなったのは、19世紀に入ってからです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top